Back 4 bloodでキャンペーンを野良なしでフレンドとだけやる方法

ゲーム情報
Back 4 bloodでチーム内メンバーだけでキャンペーンを行うのはプリファレンスの項目からプライベートキャペーンロビーの設定をONにします

Back 4 bloodをやっていると”フレンドと一緒に遊びたいけど他のプレイヤーとオートマッチングでのプレイはしたくない”ということがあります

なとり
なとり

ゆっくり進めたい時とか、好きなキャラを選びたい時とか

そんな時はメニュー画面からプリファレンスをクリック

このマッチメイキングプリファレンスの項目でキャンペーンのマッチ設定を変更できます

チームメンバー以外のマッチをしたくない場合には一番上のプライベートのところをONにすればOKです

なとり
なとり

これでチームにいるメンバー&BOTのマッチになります

野良でやっていると一人で先に進んでしまったり、ちょっと変なプレイをする人もいるのでそういうのが嫌な時はプライベート状態にしましょう

マッチング作業はある

現状このプライベート設定をONにしてもミッションを作成後にプレイヤーを検索状態と待ち時間があります

なとり
なとり

謎な時間だけど、アンチチートとかが裏で実行されてるんじゃないかな

野良プレイヤーとマッチしているのではと不安になりますが、ゲームがはじまるとちゃんと”チームにいるメンバーのみのマッチ”になっています

ロードに時間のかかるPS4の人は先にキャラクターをとられてしまいがちなので、使いたいキャラがある場合にもこの方法は有効でしょう

ソロモードは物資ポイントが入らない

そもそもの問題として「マルチじゃなくてソロモードでやればよくない?」と思うかもしれませんが、現在B4bのソロモードは物資ポイントが入らないモードになっています

なとり
なとり

すべてのカードが最初から解放されていて、報酬が無いモードです

格闘ゲームにおけるプラクティスモードのような状態なので特別な事情が無い限りソロではないほうのキャンぺーンをプレイすることを推奨します

一人だと強制マッチング
冒頭頭で紹介したプライベートマッチ機能はチームに二人以上いないと使うことができません
つまり一人でキャンペーンをする場合には野良の人と一緒にマッチをするしかないということです

ソロモードをやるメリットがないことは運営も問題ととらえているようなのでいずれ何らかの対処があることを期待しましょう

クロスプレイはVCも対応

マッチング関連のその他としては「B4bではPS4(PS5) :PC間でのボイスチャットも可能」です

ロード中の一部で通話ができないタイミングもありますが、ほとんどのシーンでは通話をすることができます

クロスプレイ対応タイトルではしばしばVCがネックになりますが、B4bにおいてはその問題はなさそうです

次号では強力なカードとデッキの組み合わせを紹介しています

Back 4 Blood 強力なカードと組み合わせ。2丁持ち自動リロード、医師デッキ
Back 4 bloodで強いカードやデッキ組み合わせを紹介します Back 4 blood(以下B4b)ではプレイヤーを強化するカードを組んでゲームに向かいます カードの中には「メインウェポンを2本持てるようになる」や「近接攻撃で...

是非こちらも併せてご覧ください

コメント

タイトルとURLをコピーしました